30代女性に人気の美容クリームをおすすめします

30代はまだまだエイジングケアなんて必要ないと思ってませんか?でも大半の30代女性は心のどこかでそろそろ本気でケアしないとまずいと気づいているのではないですか?私もそうです。最近今までにないぐらいのお肌の曲がり角に合いました。そこで美容クリームを試してみたら大ヒット!30代女性におすすめの美容クリームを紹介します。

肌年齢を感じる30代の私の美容クリームは「ちふれ」

f:id:svam6485:20170806004614p:plain

30代後半の女性です。平日は事務職の正社員として時短勤務で働いています。
高校生と小学生の子どもと3人暮らしです。


週末は家族でレジャーや買い物、外食などで出かけることが多く、自宅で過ごすことは少ないです。

 

肌の老化を感じるようになったのは、まさに30代に入ってからでした。
20代は子育てに追われていましたが、若さのおかげか体力もあり、疲れが肌に出るようなこともなかったように思います。


30代に入ってからは、誕生日を迎えるごとに年齢肌を感じるようになりました。

 

現在使用している美容クリームはちふれのものです。
商品名は保湿クリームで、しっとりタイプです。

 

「ちふれ」の美容クリームを選んだ理由は口コミ

f:id:svam6485:20170806004635p:plain


値段は1000円以下で安いのに、使用感や保湿効果はそれなりに優れているという口コミを読んだことが選んだ決め手となりました。


また、ドラッグストアでも取り扱いがある商品なのでリピートで購入する際も便利なことはわたしにとって化粧品選びのポイントです。
使ってみた感想は、口コミ通りで美容クリームとしての役割を十分に果たしていると思います。


30代に入ってから、肌の乾燥や毛穴のひらきやたるみが気になるようになりましたが、どれも保湿ケアが大切だということを知って、これまでさぼっていた毎日のケアを取り入れるようになりました。


洗顔後、何もつけずに過ごすことも多かった20代までとは違うことを身を持って感じ、化粧水と美容クリームを使ったケアを始めました。

 

プチプラなのに「ちふれ」の美容クリームは役割を果たしてくれる

 

現在は30代後半ですが、化粧水に重点をおいた保湿ケアには時間をかけています。
朝の洗顔は、洗顔フォームを使うことをやめて水のみの洗顔にかえました。
夜はクレンジングのあとに洗顔フォームを泡立てて洗っています。


以前はできるだけ顔の皮脂を取り除けるような洗浄力の高い洗顔フォームや石鹸を使いたいと考えていましたが、皮脂を取り去ることは返ってテカリの原因になることを知ってからむやみに皮脂を落とそうはしないようにしています。

 

洗顔後は化粧水をたっぷり使って保湿しています。
一度目は肌が化粧水を全て吸い取ってしまう状態ですので、二回、三回と続けて手のひらで肌を包み込むように、化粧水を押し込む作業をしています。


30代の半ばから悩まされるようになっていたいわゆる大人ニキビと呼ばれる顎ニキビですが、化粧水をたっぷり使った保湿ケアを始めてからすっかり良くなりました。


高校生の娘が使っているニキビに薬を借りても良くならなかった顎ニキビですが、しっかり保湿してあげることの方が大切だということがわかりました。


ちふれの保湿クリームは、化粧水を含んだ肌から水分が抜けることを防ぐため、しあげに使っています。手のひらにうすく広げるようにして、肌にプッシュするようなかんじです。
高性能な美容液なども販売されていて、試してみたい気持ちはありますが、現在使っている化粧水と保湿クリームによる保湿ケアで十分なようです。

 

30代女性は保湿が一番の美容ケア

 

30代は肌の衰えを突然感じる年代なのだと思います。皮脂の分泌も低下してきます。
さまざまな肌トラブルの原因になるのは肌の水分不足ですから、なによりも保湿の手を抜かないことが一番の美容ケアだと思います。


水分をしっかり蓄えた肌にはトラブルが起こる隙がないと思っています。ベタベタするのが苦手という方も少なくないですが、朝も夜も必ずしっかり保湿することは将来の自分の肌を守ることだと思っています。


紫外線を気にされる方は多いですが、日焼け止めによる肌の負担もそれなりに大きいことについても知っておくべきだと思います。


水や汗に強いタイプの日焼け止めは普通のボディソープや石鹸では落としきれずに肌に残ってしまうようです。しっかり落とそうとしてゴシゴシこすることはもっと肌に負担がかかってしまうようです。


日焼け止めは強い紫外線を受けるレジャーや海水浴など以外では使用を控えて、羽織るものや手袋、日傘などでシャットアウトするようにしています。
私自身は毎日の通勤では徒歩で30分程度歩いていますが、日傘とサングラスは必須です。


毎朝毎晩の洗顔後に行っている保湿ケアは顔だけでなく、全身に及ぶので入浴時間よりも時間をかけているかもしれません。そのおかげでかたくなりがちなかかとや肘もしっとりを保っています。